急な出費でお金に困った時

日々の家計をやりくりしている主婦の方にとって、困る事は急な出費があった時。
結婚式やお葬式、医療費に車の修理代等など、予期せぬ出費が必要になった時は本当に焦ります(;´Д`)

 

お金に余裕があれば全然問題ないんでしょうが、お金が足らなかった場合はどうすればいいの(((( ;゚д゚))))アワワワワ
こういった時に便利なのがカードローンの存在だと思います。

 

カードローンとは?

個人向けの無担保融資の事を言います。銀行や消費者金融業者からカードが発行され、ATMなどでお金を借りる事が可能です。
使い道自由にお金を借りれる事が出来るので、お金がない場合などにとても便利なカードとなっています。

カードローンを持って入れば、急な出費の時などお金に困った時にいつでも借入できるので、いざという時でも助かります。
でも主婦でも借りる事が出来るのか?大事なポイントですよね。

お金がない専業主婦

 

基本的に、カードローンの利用は収入のある方が対象となっています。なので、主婦の方でもパートやアルバイトなどで収入があれば利用する事が可能です。
法律上、年収の3分の1までであれば借入する事が出来ますよ。

 

では、収入のない専業主婦の方は借りれないの?

 

専業主婦の場合は、どうしても収入がないためにお金を借りるのが難しいと思われがちです。しかし、銀行のカードローンであれば専業主婦の方でもカードローンの利用が可能となっています。

 

100万円・200万円といった大きな借入は出来ないかもしれませんが、数十万円であれば専業主婦の方でも借りれる事が出来ますよ。

 

また、家族への連絡なども無いので、旦那さんに内緒で借りたい…といった場合でもバレずに借りる事が出来ちゃいます。

 

最近はネット上からいつでも申し込みする事ができ、来店不要で誰にも会わずに借りる事が出来るので、主婦の方でもカードローンの利用をされている方が増えているみたいですね。

 

急な出費でお金に困った時などは利用しているといいですよ(^^♪

 

 

専業主婦の方が利用するなら(※収入のある主婦の方も利用可)

専業主婦の方にお勧めなのが、みずほ銀行のカードローンです。大手銀行なのでお馴染みですよね。知名度もあり安心感も抜群です。
収入のない専業主婦の方でも、利用する事が出来、ネット上で簡単に申込みする事が出来ますよ。また、みずほ銀行の口座をお持ちの方はキャッシュカードがそのままローンカードとして利用する事が出来るので便利ですね。

 

≫みずほ銀行公式サイトへ

 

 

その他には、イオン銀行や新生銀行レイクのカードローンも人気があります。
イオン銀行は毎月の支払いが3000円からと負担少なく返せて行けるのが魅力ですね。レイクは初めて利用する場合は、無利息期間サービスの利用が可能となっているので大変お得ですよ。

 

≫イオン銀行公式サイトへ

 

≫レイク公式サイトへ

 

 

収入のある主婦の方

社員・パート・アルバイトなどお仕事をされている主婦の方は、上記の銀行カードローンの利用も可能ですし、アコムやプロミスなどの消費者金融系のカードローンも利用する事が出来ますよ。

 

アコムやプロミスの特徴としては、融資までの時間が早いといった点ですね。最短で即日融資が可能となっているので、急ぎでお金が必要な時などでも安心ですね。

 

≫アコム公式サイトへ

 

≫プロミス公式サイトへ

 

 

お金がなくて困ってます

旦那の給料が少ないということに悩んでいます。家賃、光熱費、携帯料金、保険料金等の毎月の支払するだけで精いっぱいです。

 

食費等の生活費はこれまで貯金を切り崩して生活してきましたが、それもついに底つきました。毎月の支払いをなるべく少なく済むよう、携帯代、保険代は見直しましたし、ほとんどカード決済にしています。

 

このような状態で子供たちの学資保険まで手が回らないので、児童手当等は手を付けずにそのまま残してきたのですが、これも厳しくなってきました。

 

ベビー用品なんてほとんど消耗品で、削れる要素はなく、少し大きくなったからといってその分浮いたとしても、次は食費を削ることが難しくなってきます。光熱費の節約もしていますが、どれも微々たるもので大きな削減には至っていません。

 

旦那のお小遣いも頑張ってくれてるのにほんの気持ちくらいしか渡せてないし、もちろん、自分にかけられるお金なんて一切ありません。自分が働きに出ようと思っても、何の資格もない子供連れての職探しは難航しており、また、現状待機児童となってしまう為、子供の預け先を確保するのも難しいです。

 

そしてもし、働き口と預け先が見つかったとしても、手元に残るお金は本当に微々たるものとなってしまいます。手っ取り早いのが家賃の安いところへ引っ越すことなのですが、なかなかいい物件がまだ見つかっていない状態です。

 

しばらくは、引っ越し先、働き口、預け先の三つを考えながら節約の日々を送るしかないということです。少しでも旦那の給料が上がってくれることを切に願います。

更新履歴